化粧水の値段はピンキリなので。何百円という非常に安いものから、1本何万の高い価格ものまで様々。なので、一概に平均的な化粧水の価格を出すのは難しいと思います。

価格の高い化粧水が必ずしも自分の肌にとって効果を発揮するとは限らないのが化粧水選びの難しい所。確かに良く売れているリピーターが多い化粧水は使ってみたいという気持ちも高まりますが、それだけで判断はしないほうが良いでしょう。でも、聞いたこともない化粧水を使うのも、勇気がいりますよね。

現代では、ダイソーなどの100円均一ショップにも化粧水が販売されています。化粧水に限らずメイク用品も多数取り揃えているので、「最安値コスメ」という言葉にふさわしいのは100円ショップ化粧水ではないでしょうか。一方で、高価な化粧水だと、1本で20000円するものも。

たしかに、高い化粧水は口コミやレビュー評価も高く、満足している女性が多い印象ですが、毎日使うものですから、継続するのに難がありますよね。

上記のような視点も含めると、全年齢層の女性が購入する化粧水の一般的な価格とは、1000円~5000円以内が妥当と言えます。このくらいの価格帯でも、自分の好きな使い心地、肌悩みにあった化粧水を選ぶことが可能です。

ただ、安い化粧水を成分等を気にしないで買ってしまうと、特に敏感肌の人は使ってみたら肌が赤らみ、ブツブツができてしまうこともあります。敏感肌でお悩みの人はできれば植物がもつ自然のチカラを使っている化粧水を使うことをオススメします。

うるしず(潤静)の口コミ効果まとめ